PS Auto Sitemapの使い方

wordpressプラグインの「PS Auto Sitemap」はxml形式のサイトマップではなく、実際のサイトに人間が目視できるサイトマップページを自動で作成してくれます。内部リンク対策としてもいいですね!

設定方法

プラグインをインストールすると管理画面のメニューの「設定」に「PS Auto Sitemap」が表示されます。
まず、固定ページを新規で作成します。名前はサイトマップでいいでしょう。
固定ページ内のコンテンツ作成エリアのタブを「テキスト」にして次のコードを入力します。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

これで固定ページを公開します。

公開した際の固定ページのURLの「post」の後ろの部分の数字をメモしておきます。

PS Auto Sitemapの設定

  1. PS Auto Sitemapの設定画面に移動します。
  2. まず、サイトマップに出力したいページの種類を選択します。通常は「投稿リストの出力」と「固定ページリストの出力」でいいと思います。
  3. 「サイトマップを表示する記事」欄にさきほどメモした数字を入力します。
  4. 出力階層制限は子カテゴリなどがあってサイトの階層が深い場合にどこまで出力するかを設定できます。デフォルトは「制限なし」です。
  5. 除外カテゴリ・除外記事はサイトマップに表示したくない記事等を記事のIDを入力することで出力しないようにします。
  6. スタイルの変更はサイトマップのデザインになります。好きなものを選びましょう。
  7. キャッシュの使用は他のプラグインなどでキャッシュを制御している場合は競合してしまうのでチェックを外した方がいいでしょう。
  8. 以上で設定完了です。「変更を保存」で反映されます。
コメントは利用できません。